株式会社JEL

試験所認定

当社では、クライアントの皆様にご提供する、各種試験結果の品質維持と信頼性の一層の向上のため、試験所運営の国際基準であるISO/IEC 17025に基づいた主要国の「公的な認定」を取得しています。これらの認定機関の裏書きを得ることで、世界のあらゆる地域に対して、今まで以上に通用性の高い試験レポートをご提供できるものと確信しております。


公的認定

dakkshttp://www.dakks.de/
DAkkS (認定No. D-PL-12156-01-01) 認定の詳細

DAkkSはドイツ認定評議会の略で、当社はDeutsche Akkreditierungsstelle GmbHより、DIN EN ISO/IEC 17025に基づいた公的な認定を取得しています。これにより、EU諸国に対して今まで以上に通用性の高いエミッション&イミュニティの試験レポートの発行が可能です。

a2lahttp://www.a2la.org/
A2LA For EMC Testing (認定No. 0952.01) 認定の詳細
A2LA For Calibration (認定No. 0952.04) 認定の詳細

A2LAは、NISTのNVLAPと同じく米国の認証機関であり、当社ではISO/IEC 17025に基づいた公的な認定を取得しています。これにより、米国向けのパーソナルコンピュータおよびその周辺機器については、当社で試験を行うことで、従来の「証明手続き」に代わり、よりスピーディな販売が可能な「FCC適合宣言」を行うことができます。

bsmihttp://www.bsmi.gov.tw/
BSMI (認定No. SL2-IS-E-6010, SL2-IN-E-6010, SL2-A1-E-6010) 認定の詳細

BSMIは、台湾の政府機関である経済部標準検験局のことですが、私どもは、EMCの各方面でこのBSMIと協力させて頂いており、EMC試験所認定を受けておりますので、台湾向け試験を弊社施設で実施することが可能です。また、申請代行サービスも承っております。

jabhttp://www.jab.or.jp/
JAB (認定No. RTL01400) 認定の詳細

(財)日本適合性認定協会 (JAB) は、ISO/IEC 17025の認定機関で、国際試験所認定協力機構ILACおよびアジア太平洋試験所認定機関協力機構 (APLAC) に加盟している他国の認定機関と相互承認協定を結んでいます。


その他の認定等

vccihttp://www.vcci.jp/
VCCI 登録の詳細

当社のすべてのエミッション測定設備は、国内の一般財団法人 VCCI協会に登録されていますので、当社にてVCCI適合確認のための試験が可能です。
*2009年4月1日付で、情報処理装置等電波障害自主規制協議会 (VCCI) より法人化されました

fcchttp://www.fcc.gov/
FCC (Federal Communidations Commission) ファイリングの詳細

当社すべてのエミッション測定設備は、米国の連邦通信委員会 (FCC) にファイリングされています。


提携試験機関

TUV Rheinland http://www.jpn.tuv.com/
TÜV (認可No. UA 50037610 / ID No. 2111210300) 認可の詳細

当社は、2002年8月より、テュフラインランドジャパン株式会社と業務提携し、EMC試験の認可サイトとして登録されております。これにより、テュフラインランドジャパン株式会社様による安全性試験とEMC試験をご利用のお客様には、より効率的なEMCマーク取得業務をご提供できるようになりました。
*テュフラインランドジャパン株式会社様向けレポートの料金を改定致しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

ieceehttp://www.iecee.org/
CBTL 認可の詳細

当社は、IECEE CB-SCHEMEの正式な試験ラボとして2005.08.15に認可されました。TÜVラインランドジャパン株式会社様との協力によってISO/IEC 17025:2005の下、CB-SCHEMEに則ったEMC試験を実施することが可能です。詳しくは、TÜVラインランドジャパン株式会社製品安全部もしくは弊社予約デスクまでお問い合わせ下さい。

tuv nordhttps://www.tuv-nord.com/tw/en/index.htm
TÜV NORD (Certificate No. TNTW1602R-01) 認定の詳細


校正について

a2la当社では、公的認定の取得を契機に、より信頼性の高い試験結果をご提供できることを目的とし、社内で使用するすべての測定器の校正管理体制を一新しました。その一環として、社内標準器を整備するとともに、校正標準室を設置し、国家標準にトレースしたこれらの機器をもとに、専任のエンジニアが校正管理業務を行っています。現在では、社内で使用する測定機器の99%は、社内で校正できる体制を確立しています。測定業務に携わる試験技術者にとって、使用する測定器の原理や性能を正しく理解することは、非常に重要な要素であり、その知識と経験が誤った試験結果を導くことを未然に防ぐことにも繋がります。当社では、このような理想も含めて、自社での校正体制を整えています。これにより、不測の事態に対しても、お客様にご迷惑をおかけすることなく、迅速に対応することで今まで以上に信頼性の高い試験結果がご提供できるものと確信しています。

また、社外校正サービスも開始致しました。詳しくは、"校正サービス"のページをご覧下さい。


詳しくは、下記までお問い合わせ下さい。

【予約デスク】総合問い合わせ窓口
TEL: 04-7188-6381
FAX: 04-7188-6382
e-mail: otoiawase@jel.co.jp